無駄な経験はない。ただし、そこから学習していれば、だけど。

最近、「ホント無駄な経験ってないな」というのを実感しています。かつて経験した、その時は「なんで自分がこんな目に…」と思っていたことが今になって活きたり、逆に経験の機会もあったのだけど他人任せにしていたことが「あの時やっておけば今もっとやりやすかったかも」と思ったりします。

「経験が活きている」と一番思うのは、修羅場と、いろいろな人と接してきたことです。簡単に言うと、これまで経験してきた修羅場のレベルまでなら、かなりてんぱっていても本質を見失わずに行けます。ぎりぎりのところで我に返るというか。特に僕は本来は想定外に弱いタイプなので、これが役に立っています。

人については、僕はけっして社交的ではないのですが、わりと深く人と関わるタイプなので、いろいろな人が「なぜそのように動くのか」を学んでいるようです。

一方で、自分のやりたいこと・得意なことに集中しがちなタイプなので、他のことは人任せになっていて、今になって「あの時やっていれば今使えたなあ」と思うことがあります。ただ、そういうことには身が入らないので、まあ仕方がないのかもしれません。

あと、経験しているだけでは足りなくて、そこから学習している必要があります。同じ間違いを繰り返す人は学習していないということでしょう。また経験した後、整理しておかないと忘れてしまいますし、応用が効きませんね。

全部を自分でやらなくていいやり方

なんか最近、自分の得意なこと・不得意なこと、やりたい仕事・やりたくない仕事がはっきりして来ている気がします。

一方、○○責任者とか○○担当とか、家庭でも親とかなっていると、その中に含まれることは全部やらないとならないように思いがちです。

でも、本当はそんな必要はなくて、苦手なところは人の助けをどんどん借り、逆に自分の得意なことは苦手な人を助けに行けば良いのでは、とも、最近思い始めています。今年、SACAがすごくいい感じで動いているのは、これも関連しているかもしれません。

そうすると大事なのはビジョンで、共感できるビジョンを持っていて本気でそれに取り組んでいる人には助けに行きたくなる、ということかな、と。

あともう一つ、それを持続可能にする仕組みが必要で、一時の気持ちだけでは最初は良くともどこかでガス欠になるなと。

1から10まで教えないのには理由がある

今週の「論理思考とリーダーシップ」の課題は「zipファイルで提出するように」としたのですが、zipファイルの作り方はこちらからは教えませんでした。経営学部の1年生ほぼ全員が、人に教わるか、自分で調べるかしなければならない、という状況に置かれたわけです。

これは教えるのを忘れたわけでも、いじわるをしているわけでもありません。1から10まで教えないのには、理由があります。それは、

「世の中にはそういうことはよくあるから、今から慣れておいて欲しい」

ということです。同じ理由で、論理思考の授業でありながら、言葉の使い方はけっこうアバウトです。同じことを表すのに時によって違う表現で言ったり、厳密には定義しなかったりします。

これも「世の中はそういうものだから」です。常に正確かつ同じ表現で言ってくれる上司もお客さんもめったにいません。論理思考もビジネス界では、そんな中で使わなければなりません。つまり「不完全な表現の中からでも、相手が本当に言いたいことを推測する」力が、論理思考を使う前提となったりします(この推測自体にもバリバリに論理思考を使うわけですが)。

もちろん教材においては、しっかり考えて行くと分かるようにはしますし、難しいところをやっている時はこの度合いを下げたりします。でも、実戦のアバウトさや不親切さに耐えうるようにしていくことは、欠かせないと思っています。

学生アシスタントたちがすごいことになっています

大人が驚いてしまうような彼らの活躍は今年に始まったことではないのですが、先輩たちの積み上げのおかげもあって、今年のBL1SACAは特にスゴイことになっています。僕はここ10年、こういう、かなりやっちゃう形のSAたちを見て来ていますが、ここまで出来るのかと、僕ですら驚いています。

まず、彼らの中での連携がスゴイ。チームが作られていて、教材作成、施策徹底、介入、交流・共有、高校生BL1というように分かれているのですが、その中で、それぞれが各自の強みを活かしながら連携しています。問題提起の得意な人、質問の得意な人、レスポンスがいい人、盛り上げるのが得意な人、どう伝えたら受講生に響くか考えるのが得意な人、分かりやすいスライドデザインが得意な人、みんなをまとめてプロジェクトを進行していくのが得意な人などなど。そして当然、得意があれば不得意もあるんですが、そこをお互いにカバーし合って前にどんどん進んで行きます。またそれがチーム内だけでなく、各チームが考えたことを他のチームや全体に伝えた時にもいい感じで伝わっていて、みんなでボールを前に運んで行っている感じです。

次に、個としてスゴイ、と思います。僕が提示している方向性をとても良く理解していて、どうやってそれを実現するかをしぶとく考えています。例えば、受講生に論理思考をぜひ理解して欲しいのだけど、手取り足取りやってしまっては「自分から動き出す力」「つかみとる力」を伸ばす障害になってしまう。そこで、受講生自身が取り組んだ授業外実践を例に説明する(こちらが用意した題材ではなく)とか。

3つ目に成長がスゴイと思います。彼らも最初からこういう状態だったわけではなく、むしろ、最初はのんびりしていて「そろそろ動き出さないと」とはっぱをかけていた時期もありました。面談で「自信がないのが悩みです」と言っていたり、「このレベルの理解度では受講生への説明は任せられない」と僕から言い渡された人達もいました。しかし、そこからの伸びがスゴイです。SACA統括をやっている学生たちは去年のSAなのですが「去年の自分たちよりはるかに上手に説明している」と驚くレベルになってきています。

さて、今年度のBL1のキャッチフレーズは、

思考を変える らしさを伸ばす
動かす側になる

考える力を伸ばして自分を活かし、物事を動かして行く側になろうと。

まさにそれを体現しているのがSACAたちなので、受講生にも「動かす側になる」ことのエキサイティングさが自然に伝わっていくのではと、これはいい流れだなと喜んでいます。また、ここに我々教員が自分たちの強みを活かしながら関わって行き続けると、若者とベテランの強みを活かしたリーダーシップの例にもできるな、と。^^

マニュアルで一番読んで欲しいこと

コースリーダーをやっていると、自分が作った教材で多くの人が授業をすることになります(教員&SAなので36名)。その様子を聞いていると、ティーチングノート(教材におけるマニュアル)からの読み取り度合いに、当然のことながら差が出ます。

もちろん、それぞれの持ち味を出して欲しいので、ティーチングノートに上げているのは例に過ぎません。また、一言一句そのまま行こうとすると、やはりその人の普段の言葉や話の展開の仕方そのものではないので、どこか歪んでしまいます。また、ちょっとしたことがあちこちで抜けるだけで、全体としては「なんか変」とかなりかねません。

じゃあ、どうすると良いのか。

ティーチングノート(そして似たような領域のマニュアル)で一番読んで欲しいのは、

「意図」

でしょう。

このような展開にしているのは何を起こしたいからなのか? スライドの中のある文言を太字にしているのはなぜなのか? このワークの後は全体共有を入れずその分グループワークの時間を長くしているのはなぜなのか? あえて先に教えずワークをさせて後からやり方を説明しているのはなぜなのか?

そういった意図を読み取って展開してもらえる人の場合は、その他の部分はかなりティーチングノートと違ったことをやっていたとしても、狙っていた通りの授業展開になります。

じゃあ、かなり細かいやり方まで書いているのか? 僕はかなり細かく、ほとんどセリフのように書いてしまうのですが、それはその通りにやってもらうためではなく、具体例を見て

「イメージを持ってもらう」

ためです。「こんなふうに、意義の理解→構造の理解→やり方の理解と持って行くんだ」「こういう例をこういうふうに話して理解に落とし込むんだ」とイメージからつかんでもらうための。

なので、「意図」の部分をしっかり読み込んでから、細かい例を使って展開のイメージを持ってもらい、あとはそれぞれの得意なやり方で「意図」を実現してもらえたら、と思って教材を作っています。

またこういうことは、他の仕事においても実はけっこうよく当てはまるように思います。もし誰かに「メールに/マニュアルに書いてあったでしょ。ちゃんと読んでよ!」と言われたとしたら、それは「一言一句ちゃんと読めよ」ということではなく「意図をしっかり読んで欲しい」ということかもしれません。

報連相が大事な仕事だとどうやって説明する?

BLPのSAたちはとても優秀なのですが、それでも最初のうちはいろいろあります。例えば多くの人が苦手なのが報連相です。特に報告。タスクを完了していても、報告が来ないことがよくあります。

「仕事はちゃんとやるに決まっているんだから…」とか「報告するのにけっこう手間がかかるのでその間に次のことをやった方がいい」とかは大人でも思うところですが、やはり報告は大事。でも、どう理由を説明するか? 「そうするもんだろ!」では理由になっていない。でも、ちゃんと説明しようと思うと、ちょっと難しい。

僕は
・仕事はうまく行かないことも実はよくある
・うまく行かない時はすぐ次の手を打てる
・うまく行った時は上司が安心できる
→次のことに心を向けられる
(つまり生産性が上がる)

と説明すると良いかな、と思っているところです。

あるいは、報告をしないのは、手術を終えた医者が、患者の家族に何も結果を話さずに帰ってしまうようなものとか、合格発表を見に行った受験生が、受かったと喜んで家族には連絡せずにともだちと遊びに行ってしまうようなもの、と説明するとか?

でも、考えてみると、学生とか新入社員は、報告される側に立ったことがあまりないので、報告の重要性がぴんと来にくいのかもしれません。

成功の秘訣はタイミング?

きのうは某社での論理思考継続型研修開始日でした。各自が自分の現実の課題・テーマを持ちこんで行うのですが、みなさんとてもオープンかつ積極的で、とても良いスタートでした。

自慢するわけではないですが笑、これ、なかなか難しいのです。ある意味自分のうまく出来ていないところを開示していくわけです。いや実際は挑戦的な仕事なんてうまく行かない部分が必ずあるので恥でもなんでもないのですが、多くの人がやはり抵抗があります。でも、そういう課題の持ち込みが出来ると、仕事もうまく行くようになるし、能力も上がるし、効果絶大なのです。

じゃあ、なんでそういう態勢が今回出来ていたのだろう?と考えてみると、これは直感でしかないのですが、「タイミングが合っていた」からじゃないかという気がします。受講すべきタイミングに来られていた、と。それは自己開示・自己変革万全の態勢とは限りません。人によっては実はまだかなりためらっているかもしれないとも感じています。でも、底の部分で機が熟していているように思いました。

そして、そういうタイミングで、そういう状態でメンバーが集まったのは、事務局が本当によく人を見ていて、また絶妙の働きかけをしているからではないかと思っています。階層別とか「論理思考できるようになってもらわないと困るから」ではなく、機が熟した人が学びに来る、というのは、難しいですが理想的だと思います。

親は最高のリーダーシップ教育者になれる

今日はファザーリング・ジャパンさんで「その子の特性を活かす、全ての人のためのリーダーシップ教育」についてお話しさせていただきました。

「リーダーシップ教育のフロンティア」を執筆していた時、メインの対象である学校の先生方とは別に、実は「感度の高い親のみなさんにも読んでいただきたいな」と思っていました。子どもの頃にどういう育てられ方をしたかで、主体性や人とコラボる力、考える力などは大きく変わるからです。

なので今回、親のみなさん、しかも、小学生以下のお子さんを持った方々が主な対象ということで、自分としてもとても楽しみにしていたのでした。

やってみて、その期待通り、楽しいセッションになりました。質問やディスカッションの中から、みなさんが「本当の生きる力を子どもに身につけさせるには?」と考えておられることが伝わって来ました。ちなみにお休みの日ということでお子さんたちが会場の後ろの方で遊んでいたのも「現場感」がありました。^^

あと改めて思ったのは、子育てが適切なリーダーシップ教育になっていると、成長した時に「自分も周りも楽しくがんばれる環境」をつくれる人になるんじゃないかな、ということです。それはまず適切なリーダーシップ教育の根底には親の「その子を認め、特性を活かす」という考え方があるはずというのがあります。
そしてその考え方の上で、「自分で考える力」と「人とコラボる力」(我慢して一緒にいるのではなく)を高めることができたら、本人もいろいろなことに楽しく挑戦でき、また周りからも「一緒に何かやりたい人」と感じられるのではないかと。そんなことを感じた一日でした。

なぜうまく行ったのかも考えてみて

9/18は「論理思考とリーダーシップ」(BL1)の授業前懇親会でした。この日は多くのBL1クラスで学内にて懇親会が開かれており、うちのクラスもその一つでした。

SACAたちや受講生幹事がよく企画を練ってくれたおかげで、
・お互いを知る
・打ち解ける
の両方が果たされたとても良い懇親会になったのですが、こういう時にけっこう忘れられがちなのが

「なぜうまく行ったのか?」

という振り返りです。「良かった点は?」と聞くと「お互いを知れて良かった」「打ち解けていた」と出て来るところで終わって「なぜそれができたのか?」まで行かないという感じで。

とりわけ、ちょこちょこ問題もあった場合は、問題の話に多くの時間が割かれてしまい、うまく行ったところについて「なぜ出来たのか?」は、ほとんど話されずに進んでしまったりします。

でも、なぜうまく行ったのかを考えておかないと、次はうまく行かない恐れがあります。担当者が変わったり、相手が変わったり、環境が変わったりすることで、うまく行かないことは大いにありえます。
また、初めてやってみた/これまでと変えたことがうまく行った場合は、それを関係者みんなで振り返っておくことで、チーム全体の成長につなげられます。

なお、僕らとしては「次は受講生達が自分でこれを仕掛けられる」ようにもしたいので、そのためにも翌日、成功要因と、次は変えてみたいことを振り返りました。

すべての瞬間を使うべし

きのうはSACAの研修第2弾でした。今回のテーマは授業進行(プレゼン)。BLPのSAは教員のガイドの元に、かなりの部分の授業を行います。その練習ですね。

初回の授業のスライドを1チームあたり2ページくらいずつ割り振って授業をやってもらいました。やるのはチームの代表1人だけですが作戦はチームで立てます。

授業を受けている設定の他のSACAたちも受講生がしそうなレスポンスを。あえてやりそうな間違いをしてみたり、当てられるまで発言しなかったり。

1チーム終るたびにみんなからフィードバック(良かった!&こここうしたら)がされ、それがどちらもとても良い感じでした。あと授業まで1週間なので、自信を持つこととさらによくするヒントをもらうことの両方が大事なのです。

その後は、僕からコメント。あんまりいろいろ言っても吸収しきれないので、僕は実は同じことを手を変え品を変え、言い続けていました。それは、目的のために

「全ての瞬間を使うべし」

ということです。例えば授業が始まる前、みんながぞろぞろ集まってくる数分も実はものすごく使えます。受講生に備品を配るなどの準備を軽く頼んで手伝わせてしまえば、次からはそれが標準になるとか。間違った発言をした学生がいたら「落とし穴にはまってくれたからこれからの話が際立つ」「間違えたところは絶対記憶に残る」と言ってみんなの発言を促進するし。

あらゆることを目的のために使えないか、常に考える、ということです。目的とは、受講生が「考え、自分から動き、人と関わって」学びを生み出すこと。

いよいよ1週間後から、クラスです!