「キャリア」カテゴリーアーカイブ

無駄な経験はない。ただし、そこから学習していれば、だけど。

最近、「ホント無駄な経験ってないな」というのを実感しています。かつて経験した、その時は「なんで自分がこんな目に…」と思っていたことが今になって活きたり、逆に経験の機会もあったのだけど他人任せにしていたことが「あの時やっておけば今もっとやりやすかったかも」と思ったりします。

「経験が活きている」と一番思うのは、修羅場と、いろいろな人と接してきたことです。簡単に言うと、これまで経験してきた修羅場のレベルまでなら、かなりてんぱっていても本質を見失わずに行けます。ぎりぎりのところで我に返るというか。特に僕は本来は想定外に弱いタイプなので、これが役に立っています。

人については、僕はけっして社交的ではないのですが、わりと深く人と関わるタイプなので、いろいろな人が「なぜそのように動くのか」を学んでいるようです。

一方で、自分のやりたいこと・得意なことに集中しがちなタイプなので、他のことは人任せになっていて、今になって「あの時やっていれば今使えたなあ」と思うことがあります。ただ、そういうことには身が入らないので、まあ仕方がないのかもしれません。

あと、経験しているだけでは足りなくて、そこから学習している必要があります。同じ間違いを繰り返す人は学習していないということでしょう。また経験した後、整理しておかないと忘れてしまいますし、応用が効きませんね。

全部を自分でやらなくていいやり方

なんか最近、自分の得意なこと・不得意なこと、やりたい仕事・やりたくない仕事がはっきりして来ている気がします。

一方、○○責任者とか○○担当とか、家庭でも親とかなっていると、その中に含まれることは全部やらないとならないように思いがちです。

でも、本当はそんな必要はなくて、苦手なところは人の助けをどんどん借り、逆に自分の得意なことは苦手な人を助けに行けば良いのでは、とも、最近思い始めています。今年、SACAがすごくいい感じで動いているのは、これも関連しているかもしれません。

そうすると大事なのはビジョンで、共感できるビジョンを持っていて本気でそれに取り組んでいる人には助けに行きたくなる、ということかな、と。

あともう一つ、それを持続可能にする仕組みが必要で、一時の気持ちだけでは最初は良くともどこかでガス欠になるなと。

インパクト体験棚卸しー世界観が変わる授業?

今週の論理思考(中級)クラスはインパクト体験棚卸でした。キャリアビジョンを考えるために、自分を作って来た体験を振り返るというもので、この回は、受講生の世界観を変えるんじゃないかと、けっこう本気で思っています。^^ 実は僕自身、このワークを4年くらい前に取り入れるようになってから、人についての捉え方が変わりました。

「そんなおおげさな」という感じですが、まずこのワークでみんなが驚くのは「みんな、いろいろなことを乗り越えてきているんだ、自分だけじゃないんだ」ということです。いろいろというのは例えばいじめにあったり、ぐれたり、先生にぼろぼろの扱いを受けたり、自分のミスで大事な試合に負けたり、キャプテン失格だと思ったり、大学に入ってもグループワークについて行けなかったり。

って、ネガティブなことばかりあげましたが、もちろんポジティブもいろいろ出て来ます。ただ、ネガティブがあるからこそ感情移入がぐぐっと起きているのだと思います。悩んできたのは自分だけじゃないんだとか、彼女/彼はこういうことを経たからこそ今強いんだなとか。

そしてもう一つ人によっては起きているんじゃないかと思うのは、「自分が過去に出会った横暴なキャプテンとかグループワークをサボっていたクラスメートとかも、もしかしたら同じようにもがいたり悩んだりしていたんじゃないか?」と考え始めることです。もしそういう思考が始まったら、人についての捉え方が変わってくるように思っています。

人についてだけじゃなく自分についての捉え方も変わって来ます。このワークでは、上記のインパクト体験から相手の「強み」を見つけることをやります。何かで優勝したとか成功したといったポジティブな体験から強みが見えるのはもちろんですが、本人がネガティブ体験だと思っているものからもいろいろ見えて来ます。

例えば「大学に入ったら遊びほうけていた」ことを本人はネガティブ体験だと思っていたのだけどグループの人から「遊びに打ち込んでいるじゃん。打ち込む対象が変わっただけだよね」と言われてはっとした、という人がいます。あるいは受験で失敗したことについて「支えてくれた親や先生に申し訳なかった」と書いているのを見て「普通人のことまで考えられないよ?」と言われた人もいました。また、病気やいじめ、家庭内の不和から「その境遇の人の気持ちが分かる」「忍耐強い」といった強みを獲得してきた人達もいます。

こうして自分の強みがいろいろ見えて来ることで、自己肯定感が上がって行きます。また「全ての体験には意味がある」と思えてきます。もしかするといろいろなことに対する取り組み方も少し変わってくるかもしれません。そして、このような自分では気がつきにくい強みをお互いに探し合うことで、仲間意識やお互いに対するリスペクトも高まっているんじゃないかな、と思っています。

もちろん、このレベルのワークになるためには、関係構築と考える力を高めておくことが必要です。この授業でもかなりいろいろな工夫を少しずつ組み込んできましたが、その話はまたの機会に。

イクボス式教育第1回フォーラム

きのうはコヂカラ・ニッポンさんの「イクボス式教育第1回フォーラム」で講演者およびパネリストとして登壇させてもらいました。これからの社会でどういう人が求められているのか、それに対して親はどう子育てをして行くべきかを考えるというもので、とても興味深くかつ今後に示唆のある機会でした。
まず印象的だったのは、青野慶久さん(サイボウズ 代表取締役社長)と高倉千春さん(味の素 人財マネジメント部長)から「ビジネス界で求められる人材」ということで話された内容が、ものすごく重なっていたことです。それは、多様性に対応できることであり、自分の考えを持てることであり、生産的に議論できることでした。
またそれは僕が「立教のリーダーシップ教育で伸ばそうとしていること」として話そうと思っていた内容と非常に重なっていたので、ちょっとびっくりしました。もちろん社会でこれから必要なことを身につけてもらおうとやっているので重なるのは自然なのだけど、そこまで重なるとは正直思っていなかったのでした(その理由は後述)。
さらに実は、コヂカラ・ニッポン代表の川島高之さんが提示された「イクボス式教育の定義と10ヵ条」もすごく重なっていました(写真)。僕の後に話されたコヂカラ・ニッポンの中原久子さん、林田香織さんの活動紹介からも、そういう子育てを地域ぐるみでやろうとしていることがよく伝わって来ました。
それだけ考えていることが重なっているならどんどん進めて行くだけでは?となりそうですが、そこが一筋縄では行かないし、それをどうするのかというのが、第二部のパネルディスカッションのテーマだったのだと思います。モデレータの浜田敬子さん(AERA前編集長)からいきなり投げかけられた「さっきの話は理想だと思いますが、実際にみなさん家庭でもやっておられますか?」という問いはその皮切りだったと思います。家庭だけでなく学校でも会社でも難しい。本当にやっているか?と言われるとまだまだな部分も多いと思います。
例えば「多様性に対応しよう」と言いつつ、自分と違う価値観や行動パターンを受け入れるのは難しいものです。また「考えられるようになって欲しい」「主体的に動けるようになって欲しい」と思いつつ、(良かれと思って)「○○しなさい」と具体的に言いまくって考える余地もヒマもなくしてしまっている恐れもあります。つまり、この方向に向かうには、けっこう本能や感情に逆らうことをやらないとならないわけです。しかも忙しすぎる現代人には「聴く」とか「待つ」とか「共感する」というのは「とてもそんな時間ない」となりがちです。
じゃあ、どうやってこれを乗り越えるのか? 僕自身がその場で得たヒントとしては、「応援する」こと。これは飛び入りでパネリストとして参加された生重幸恵さん(スクール・アドバイス・ネットワーク 理事長)が「学校に行って先生を応援して欲しい」と言われていたことから思ったことです。自分のことばかり考えたりやったりしているんじゃなくて人を応援していると、忙しいはずなのに不思議と気持ちに余裕が出て来て「本当は(自分で)やらなくてもいいことも多いんじゃないかな」と見えてきたりします。「許せないな!」と思うことも「本質を共有できていればいいんじゃないの?」と見えて来たりもします。
あとどなたか言われていた「頼る」こともいいなと改めて思いました。リーダーシップとはよく人を巻き込むことと言われますが「頼ることだ」という見方もできます。それは周りのリーダーシップを引き出すことにもつながるので、命令するとか伝達するとかじゃなく、気持ちを込めて頼る、と。安藤哲也さん(コヂカラ・ニッポン理事)は「楽しむ」をキーワードに「僕は前世がイタリア人なんで…」と会場の笑いを取られていましたが、日本人としては「おかげさまで」をアップグレードして行くのも良いかなと。笑

中高生のキャリアビジョンワークショップ

公文国際学園でのキャリアビジョンワークショップ(6回シリーズ)が本日終了しました。中三生と高一生たちが自分の内面をグループワークしながら探り、キャリアビジョンにつなげ、どんな職業が考えられるかにも触れ、最後は学校生活における目標設定に落とし込むというものでした。

大学生ではもうかなりやってきていますし、強みや応援したい人たちを「インパクト体験」から探るところまでは淑徳与野で行って来ています。今回新しかったのは、そこから職業についても考え、さらに学校生活における目標設定につなげたところでした。そして中高生でもサポートが入れば結構できることが分かりました。なお、キャリアというと職業(先生、医者、弁護士とか)を考えがちですが、こういう「名詞」で考えるより、「誰に」「どんなやり方で」「どんな価値を提供する人」と「文」に落とし込む感じです。

もちろん、まだ見えないことは大学生以上に多くあります。しかし一般的に思われがちなレベル以上にいろいろと見えていると思います。そして、大きく二つのメリットがあると感じました。

まず一つは、本人の強みが新たに発見できることです。当たり前だと思っていたことや、ネガティブにさえ捉えていたこと、全然気がついていなかったことから強みが見えて来ます。すると自己肯定感・自己効力感も高まります。先生方からはこの自己肯定感・効力感は大きいとの感想がありました。

二つ目は、勉強をはじめ今やっていることの意義がより見えて来ることです。例えば人とコラボして何かを生み出していきたいと思う人が、嫌いだった国語の勉強に意味を見いだせます。人とコラボするなら、人を理解し人に理解されるコミュニケーション力をつける必要がある、とつながるわけです。