忘れ物、落とし物の返ってくる国


この間、定期を落として、しかも夏休み中だったため使う機会がしばらくなく気がつかずにいて何日にどこで落としたかも見当がつかなかったので、ほとんどあきらめていました。パスモ定期ならば再発行が可能ですが、パスモには京急の株主優待乗車証を全線定期型で入れているため、JR部分は磁気カードの定期だったので痛かったのですが。

ところが昨日、池袋駅から電話があり、警察にとどいているとのこと。今日、引き取りに行ってきて無事回収しました。落としたのは行きつけのホームセンターで、その日はばたばた駆け回っていたからでしょう。

それにしても、これまで、スマホをはじめとしていろいろなものを忘れたり落としたりしていますが、帰ってこなかったことはほとんどありません。拾ってちゃんとしかるべき機関にとどけてくださる方もありがたいですが、今回のようにどこで落としたのかすら分からない場合、警察から池袋駅に連絡が行き、池袋駅で検索をかけて本人に知らせてくれるというのは非常にありがたいと思いました。

当然、このようなシステムにはコストがかかっていて、忘れ物・落とし物の多い人のためにそうではない人もそのコストを負担しているわけです。でも、ここはコストカットするのではなく、「落とし物・忘れ物がかなりの確率で返ってくる」という状態を保ち続けた方が、社会の雰囲気のためにも良いのでは、と勝手に思っています。^^