BL2本選終了


春学期も終盤を迎えて、まずは2年生のプロジェクト型クラスが決勝を終えました。60チームの中から5チームが選ばれます。
うちのクラスは今回1チームが選ばれ、学生が選ぶNo.1に輝きました。とりわけ僕らはちょこっちょこっとしたヒントしか出していないのに彼らが自分たちの力でそこにたどりついたことが良かったと思っています。人は「自分で獲得して成功した学び」こそ自分のものにできる、と思うからです。
そしてもう一つ、彼らがクライアント賞や教員賞を受賞できなかったところからも学んでくれればさらに素晴らしい、と思っています。成功体験と並んで人が学ぶのは、「悔しい失敗体験」からだと思うからです(「悔しい」ことは不可欠)。
一方、他のチームの中からも準決勝まで進んだり業界賞を受賞したチームもあったのですが、僕としては何も受賞しなかった残りのチームも良かったなと思っています。ある班は途中で何度も途方に暮れ、そのたびに立ち上がって来ていました。とても良い着眼点を持っていた別のチームは、その視点の活用が非常に難しいにもかかわらず最後までその路線で考え続けていました。このようにこだわってみるのも良いと思います。チームとしての動き方をとても工夫していたチームもありました。クラス全体の盛り上げのために動いてくれた学生たちもいました。
じゃあ、僕ら教える側が何をうまく出来たかと振り返ってみるとおそらく二つ。一つは「それやれたらいいなあ」と思えるビジョンというか未来を示すことができていたんじゃないか。特にSACAたちが「自分は去年こんな感じで、後でこうなった」という成功体験、後悔体験を語ってくれたことは大きかったんじゃないかと思っています。
もう一つは「踏み台の置き方がちょうどよかった」んじゃないかということ。アイスブレークや懇親会を「やらない?」と声かけはしつつ中身は受講生に考えてもらったり、「答え」は教えず質問をしていたり。「後で一つだけアドバイスするから、まずは自分たちの中でのフィードバックを整理しよう」とやったのも、その一つでした。