「問題意識」の引き出し方

「問題意識を持て」
と言われて「難しいなあ」と困っている人がいたら、
「最近、いらっとしたことない?」
と聞いてみたら良いかもしれません。
 
ちょうど今、論理思考中級のクラスで「自分が問題意識を持っていることを取り上げて語る」という課題をやっています。そこで「難しいなあ」と頭を抱えていたグループに、同僚の舘野 泰一先生が投げかけた言葉がこれ。
 
さっそく次から次へと出て来て、楽しそうに?語り合っていたとか。笑
 
その後のクラスでも今度は全体で取り入れてやってみたところ、「ドタキャン! しかも仲のいいやつが行けなくなったからって理由のやつもいた」とか「まじめな人に仕事がどんどん降ってくること!」とか、どんどん出ていました。これらも十分、問題意識ですよね。
 
「ない」んじゃなくて「出て来ない」だけ、なのに「問題意識がない」とか決めつけないよう注意する必要がありますね。それと、「ちゃんと考えようとすると、かえって頭が止まることもある」ということにも。

BL0ポスターセッション

きのうはBL0(リーダーシップ入門)のポスターセッションでした。経営学部1年生430名全員が90班に分かれて、今年のクライアント(BEAMS様)から出された課題に対するプランをポスタープレゼンします。班の半分のメンバーがプレゼンする中、残りは他の班のプレゼンを見て回り、質問します。切磋琢磨してレベルアップして行くことを狙っているわけです。教員やBEAMSさんの社員の方々、さらには社会人を含む先輩達も見て回っているので、かなりすごい熱気でした。(先輩が加わったのは今年の新たな試みです)
この「舞台に上がる感じ」に受講生たちはみんな「緊張しました!」と言っているのですが、彼らのスイッチを入れる上では、やはり効いていそうです。かつ一度だけのプレゼンだと「緊張してできなかった」となることも多いですが、ポスターだと40分ほどの間に複数回プレゼンできるので、だんだん進歩して行きますね。
あと今年は、ポスター後の懇親会がパワーアップしていました(コースリーダーの舘野泰一さんのリードの元、SACAたちが設計したものと思います)。以前は立食形式で自由に動けるけれども知っている人同士で集まっていることが多い、お疲れさま会的な感じがメインでした。熱心な学生はクライアントのところに改めて話しに行っていましたがそれは少数派でした。
今年は例えばアイスブレークに工夫がされていました。例えば「立教と言えば?」「BEAMSらしさって?」といったお題で思いつくことを紙に書いて、それが似ている人を見つけて集まります。それからしばし雑談。違うクラスの人やBEAMSの人たち、教員と交流する機会になりますし、このお題自体で重要なことを考えたり話す機会にもなります。こんなことを繰り返し、2時間があっという間に過ぎていきました。