イクボス式教育第1回フォーラム


きのうはコヂカラ・ニッポンさんの「イクボス式教育第1回フォーラム」で講演者およびパネリストとして登壇させてもらいました。これからの社会でどういう人が求められているのか、それに対して親はどう子育てをして行くべきかを考えるというもので、とても興味深くかつ今後に示唆のある機会でした。
まず印象的だったのは、青野慶久さん(サイボウズ 代表取締役社長)と高倉千春さん(味の素 人財マネジメント部長)から「ビジネス界で求められる人材」ということで話された内容が、ものすごく重なっていたことです。それは、多様性に対応できることであり、自分の考えを持てることであり、生産的に議論できることでした。
またそれは僕が「立教のリーダーシップ教育で伸ばそうとしていること」として話そうと思っていた内容と非常に重なっていたので、ちょっとびっくりしました。もちろん社会でこれから必要なことを身につけてもらおうとやっているので重なるのは自然なのだけど、そこまで重なるとは正直思っていなかったのでした(その理由は後述)。
さらに実は、コヂカラ・ニッポン代表の川島高之さんが提示された「イクボス式教育の定義と10ヵ条」もすごく重なっていました(写真)。僕の後に話されたコヂカラ・ニッポンの中原久子さん、林田香織さんの活動紹介からも、そういう子育てを地域ぐるみでやろうとしていることがよく伝わって来ました。
それだけ考えていることが重なっているならどんどん進めて行くだけでは?となりそうですが、そこが一筋縄では行かないし、それをどうするのかというのが、第二部のパネルディスカッションのテーマだったのだと思います。モデレータの浜田敬子さん(AERA前編集長)からいきなり投げかけられた「さっきの話は理想だと思いますが、実際にみなさん家庭でもやっておられますか?」という問いはその皮切りだったと思います。家庭だけでなく学校でも会社でも難しい。本当にやっているか?と言われるとまだまだな部分も多いと思います。
例えば「多様性に対応しよう」と言いつつ、自分と違う価値観や行動パターンを受け入れるのは難しいものです。また「考えられるようになって欲しい」「主体的に動けるようになって欲しい」と思いつつ、(良かれと思って)「○○しなさい」と具体的に言いまくって考える余地もヒマもなくしてしまっている恐れもあります。つまり、この方向に向かうには、けっこう本能や感情に逆らうことをやらないとならないわけです。しかも忙しすぎる現代人には「聴く」とか「待つ」とか「共感する」というのは「とてもそんな時間ない」となりがちです。
じゃあ、どうやってこれを乗り越えるのか? 僕自身がその場で得たヒントとしては、「応援する」こと。これは飛び入りでパネリストとして参加された生重幸恵さん(スクール・アドバイス・ネットワーク 理事長)が「学校に行って先生を応援して欲しい」と言われていたことから思ったことです。自分のことばかり考えたりやったりしているんじゃなくて人を応援していると、忙しいはずなのに不思議と気持ちに余裕が出て来て「本当は(自分で)やらなくてもいいことも多いんじゃないかな」と見えてきたりします。「許せないな!」と思うことも「本質を共有できていればいいんじゃないの?」と見えて来たりもします。
あとどなたか言われていた「頼る」こともいいなと改めて思いました。リーダーシップとはよく人を巻き込むことと言われますが「頼ることだ」という見方もできます。それは周りのリーダーシップを引き出すことにもつながるので、命令するとか伝達するとかじゃなく、気持ちを込めて頼る、と。安藤哲也さん(コヂカラ・ニッポン理事)は「楽しむ」をキーワードに「僕は前世がイタリア人なんで…」と会場の笑いを取られていましたが、日本人としては「おかげさまで」をアップグレードして行くのも良いかなと。笑