16年度BL2受講生アンケート結果


今年ここまで一番大きなプロジェクトだったBL2の受講生アンケート集計結果が出て来ました。
総合満足度で4.5(5点満点)。予想以上のハイスコアです。個別の項目を取っても、ほとんどが同じような状況です。
13873128_1283231488383670_683651547950582157_n

教育の場合、顧客満足度だけで見るのは危険なのですが、でも良かった、と思います。とりわけ良かったのは「来年度SAをやってみることに興味あり」に5と答えた人が52人もいたこと。

ここ数年、ずっと気持ちの中で引っかかっていました。ウェルカムキャンプや1年生前期のBL0はプロジェクトに対する学生たちの熱がすごくSAたちによる運営のレベルの高さも多くの参観者から感心されるレベルです。1年生後期のBL1も、論理思考を身につけて行ったり高校生に教えたりと、ここ数年は高いレベルにあります。

でもその後の2年生BL2は、入学時の「魔法」は解け、みんな忙しくもなって、祭りの後のけだるい状態。遅刻も多いしグループワークの動きも鈍い。ビジネスプランのレベルもどうかするとBL0の方が上。ちょうど同じ日の午後にあるBL0と比較すると温度差がはなはだしい。誰も見学にも来ないけど、これでいいのか?

当然、そのままで良いと思われていたわけではなく、いろいろと試行錯誤されていたがなかなか難しいのでした。昨年、前コースリーダーのチームがものすごくがんばって初めて改善が見られ、でも「このあたりが限界か。必修ではなく選択科目にするか」という議論もありました。でも同じメンバーで1年次と同じことをやってこそ、それで高いレベルの結果を出してこそ、本当に伸びた、学びが定着した、と言えるのではと思って、「もう一年だけやらせて欲しい」と暫定コースリーダーに手をあげました。(BL1のコースリーダーもやっているので異例です)

13654158_1283231678383651_7042399900592056794_n

そして「今年のBL2は進化する」と打ち出してスタートしたのだけど、道のりは予想していた以上に大変でした。「やっぱり食いつきが悪い」「ぴんと来ていなくて受講生がぽかんとしている」との声。その打開策も意見が激しく分かれる。途中経過のレベルも簡単には上がってこない。あちこちでかみ合わない。こういう時は、理想と現実、信念と不安、勇気と恐れの間に落としどころを見つけて縫って行きます。コースリーダー的には微妙なバランスの連続なのだけど、ある人には妥協に見えたり、逆に頑迷に見えたり。その中でも走り続けてくれたみなさんには頭が下がります。

13654395_1283231681716984_3287668202772194937_n

その結果、ビジネスプランのレベルは後半から上がり、受講生たちに意欲もいつものように落ちて行かずむしろ上がって来ました。そしてこの結果。繰り返しになりますが教育の場合、顧客満足度だけで見るのは危険ではあります。でも「がんばれば必ずいいことがある」と言われて未知の世界に挑んで、それで満足感を得られれば受講生たちは「またやろう」と思えます。その雰囲気は下級生にも伝わります。彼らが「やれる」「やりたい」と思えば、不可能に見えたことも可能になる確率はぐっと上がります。

まだまだやるべきことはあって、ここは入り口。この週末は次のステップに向けた教員SA合宿。でもその前に、大きなエネルギー源をもらった感じです。