リーダーシップ開発懐疑派も納得させる三つの副産物

先日、今、執筆中の本のため、都立駒場高校の木村 裕美先生を取材させていただく機会があり、なかなか興味深いお話を聞けました(木村先生が家庭科の授業の中でリーダーシップ開発に取り組まれている様子はこちらの記事でよく分かります)。
一言で言うと「リーダーシップ開発は高校生にとって一石二鳥、一石三鳥である」ということです。
 
一つには、生徒達がアイデンティティを確立していくよい機会にもなる、ということです。リーダーシップ開発をやると、振り返りの中でクラスメートなどから自分の行動についてフィードバックを受けます。これにより自分の強みなどが分かってくるが、そういう機会は他になかなかない、という話でした。
 
二つ目には、主体性発揮の「リハビリ」になる、ということが上がって来ました。小学校に入るくらいまで子どもは「これをやりたい!」という主体性を持っていますが、小学校、中学校ではむしろそれを押さえて枠に沿って動くことを求められています。それが高校に入って急に「主体性を持って動くように」と言われるのですが、もう動けません。そこでリーダーシップ開発が「主体性を発揮する」感覚を思い出すリハビリになる、というわけです。
 
三つ目は、リーダーシップ開発において合意形成を学ぶ際、ロジカルに考えることや伝えることの重要性に気がつく、ということです。これはガチで合意形成に取り組んでこその成果ですが(なんとなく決めたり多数決に逃げるとそうならない)。
 
この3点はリーダーシップ発揮のためにも大事なことなので副産物というよりリーダーシップ開発そのものとも言えるのですが「こういう副産物がありますよ」という言い方をするのはそれはそれで意味があると思います。
 
それは「この子達にはリーダーシップとか(まだ)いらないんじゃないの?」とか「リーダーシップなんて本当に伸ばせるの?」と言う人たちにも、こういうことならば必要だね、と言ってもらえる可能性が上がることです。

部下や学生の積極性を高めるには?

先日、子どもたちが見ている「すイエんサー」(Eテレ)にちょっと興味を感じて見てみたら、ちょうど「お、いいねえ!」と感じることがありました。
 
この日のテーマは「ドッジボール」。自分も小学生の時に大好きだった記憶がありますが、番組に出て来た女の子達はボールが目の前に転がってきてもスルー。あるいは他の人に手渡しして投げてもらっています。とても消極的なオーラを放っています。彼女たちがボールを投げないのは、投げても全然ボールが飛ばないから。相手に当てるなんて、とても無理でわざわざ敵にプレゼントしているようなもの。それは逃げたくなるでしょう。
 
そこで始まったのが、ばしばし投げるための特訓。ただしスパルタトレーニングが行われるのではなく、二つのコツを教えられて、その通り練習するというだけの特別訓練です。
 
しかし、一つ目のコツでまず飛距離がぐーんと伸び、二つ目のコツで定まらなかったコントロールがびしっと決まってかつボールの勢いも増しました。そして実際の試合に臨んでも、その成果がしっかり出て来ます。そして、彼女たちの表情や姿勢が全然違う。自信を持ってうれしそうにボールを投げています。見ていてこちらまでうれしくなってしまいました。^^
 
そこで標題のことを改めて思ったのでした。積極性を高める一つのとても有効な方策は「やれる」ようになることです。やれないことにはどうしても人は消極的になってしまいますが、特にできなかったことができるようになった後は、とても積極的になるのではないでしょうか。
 
「そんなの当たり前だよ!」と言う人もいるかもしれませんが、意外とこのことは理解されていません。多くのマネジャー達が自分の部下のことを「積極性が足りない」と愚痴っています。教員も同じようなことがあるかも。しかも、相手ができないことについてただ「やれ!がんばれ!」と言っているだけかも? 「そのくらいのことはもうできないと」と思うことでも、「やらない」のではなく「やれない」のだ、ということは非常によくあります。
 
そこで必要なのは、彼らのレベルに合ったコツや踏み台です。それを提示するには、こちらがそのこと(上ならドッジボールの投げ方)と、相手の課題をちゃんと分かっている必要があります。
 
すイエんサー「バシバシ投げるぞ!ドッジボール」は9月16日(土)10:00amに再放送があるようです。見ているだけでちょっとうれしくなれるかも。^^

「教える」より「考えたくさせる」

いよいよ秋学期が近づいて来て、きのうはSAたちにプレゼン研修でした。BLPの授業ではSAたちが授業を進めることが多いので、重要なところになります。
 
それぞれに5分ずつ実際にやってみてもらいフィードバックをし合った後で話したのは次の3つのことでした。
 
★1.「理解」よりも「モチベ」を高める
説明して分かってもらおうとしても一度じゃ分からないし、レクチャーを聞いているうちに思考停止してしまう。なんとなくイメージがつかめれば、あとは自分でつかんでいく方が本当の学びになるので、「それ、できるようになりたい!」「がっつり取り組むぞ」とモチベーションを高めることが目標。
 
★2.「教える」より「考えたくさせる」
「考えるってこんな感じか!疲れるけど本質に迫っている感じがする!」となることが狙い。例えば「リーダーシップって何?」という質問も、リーダーシップ三要素とか言ってもらうことが目的ではなく、自分で考えること、考えたくなることが大事。
 
★3.「レクチャー」よりも「対話」
「レクチャー」ではなく、「対話」をするように授業を展開して欲しい。受講生が発言することもそうだけど、アイコンタクトやうなずきも含めてキャッチボールになっていくようにする。
 
簡単ではないですが、具体例も示しつつ「あっちじゃなく、こっち!」で行こうとしています^^。

必要なのは刷新?それとも改良?

唐突な質問ですが、現状を変えようという時、刷新、つまりこれまでやっていたことをやめて全く新しいことをやるべき時と、今のものを改良していくべき時と、どちらが多いと感じますか?
 
「それは状況によって違うでしょう」と言われればその通りなのですが笑、最近このことについて僕が感じているのは、刷新よりも改良に取り組むべき時がけっこう多いということです。少なくとも「刷新をするべきだ」と言われている時に「必要なのは改良では」と思うことが、その逆よりもずっと多いと感じています。
 
と言うだけだと感覚的な感じがしますが、自分ではそれなりに自信を持っている訳があります。それはまずこれらについて「方向としては正しい」とロジック的には考えられること。そして、二つ目に、やり方にまだ「改良の余地がある」と考えられることからです。
 
例えば先日ここで取り上げた「自由研究」。これを「やめてしまうべきだ」とか「全く新しいものに変えるべきだ」という声がすごく高まっているわけではありませんが、あたかも自由研究そのものが役立たずとか、ムダのように思われている節がありませんか。
 
しかし、探求するテーマを自分で見つけて行くことはぜひやっておきたいことですし、他になかなかやる機会はないのでは? また用意された正解を当てるのではなく自分で仮説を立てて答えを見つけ出すトレーニングも同様です。
 
でも、現状のやり方に問題があって、これらが結局あまり行えていないのも確かです。こういうケースで問題は主に二つのところにありそうです。一つは、やり方のガイドが足りないために狙いとしているところまでたどりつけないこと。もう一つは、本気で取り組ませるための工夫が足りないために「魂が入っていない」こと。逆に言えば、この二つを組み込めば良い、ということです。
 
この二つは自由研究にも当てはまりそうですが、当てはまるのは自由研究だけではありません。例えば僕らはこの秋からのクラスで「リーダーシップ目標」の活用について、この二つを強化しようとしています。リーダーシップ開発において、目標は非常に大きな意味を持つと考えていますが、まだ魂の入った目標を立てられていない学生や、活用し切れていない学生がそこそこいると考えています。そこで形だけの目標で放置するのでも、「形だけになってしまうのでやめてしまって他のことに力を注ごう」とするのでもなく、活用できるようにする方法、魂の入った目標を立てられるようにする方法を探ってみようと考えています。
 
ということで記事を終わりにしようと思ったら、一つ大事なことを忘れていました。そもそもなぜこんなことにこだわるかというと、刷新とか新たな手を考えようという一見良さげな方向が、実は問題の本質を詰めない単なる逃げであったり、本質的な解からむしろ遠ざかる後退であったりする恐れが結構あるからです。
 
さて、今、自分の前にある問題が必要としているのは、刷新でしょうか?それとも改良でしょうか?

二つのリーダーシップ開発の区別が重要

この秋新たに開講する、いわば「リーダーのためのリーダーシップ開発」の内容について、一緒に担当する舘野泰一さんと話していた時のことです。「リーダーシップ開発ってなんだ?」という話にいつの間にかなりました。
 
その時に思ったのが、二つのリーダーシップ開発を区別することが重要だということでした。正確にはこのうちの一つはリーダーシップ開発ではないとも言えますが、それでも行うことにはとても意味があります。
 
ではまず、二つのリーダーシップ開発とはどういうことか。これはリーダーシップが発揮されている時、二つのタイプの原因があり得る、ということです。なおここで言うリーダーシップとは「集団の前進のために自発的にメンバーが動くこと」を指しています。
 
例えば「授業内で、SAや受講生がどんどん自主的に動いている」時、一つにはそれまでの授業でリーダーシップを高めてきたから、ということが考えられます。まさにリーダーシップ開発の成果です。
 
一方、もう一つには「メンバーが前から持っている力が、環境が整っていることによってフルに発揮された」ということが考えられます。発言すると内容は間違っていてもプラスに評価されるし自分の気付きも大きくなる、よい質問を投げかける人がチームにいて普段発言しない人も発言しやすい、しゃべるのは苦手だが図解するのが得意な人達がいて、発表のためにそれが必要だからおのずと彼らが動くことになる等々。ここで各自がリーダーシップを発揮したのはそこで能力開発がされたからではなく、環境が整っていたからです。
 
この二つ(狭義のリーダーシップ開発と環境整備)を区別する必要があるのは、環境整備だけでは、整備されていない場でも発揮されるリーダーシップが育まれないからです。今、リーダーシップ開発は盛んになりつつありますが、一つの危険はこれです。学校だけでなく企業でも、「良い上司」が環境整備をしすぎて、むしろ悪条件でリーダーシップを発揮できる人が減る危険もあります。
 
しかし、「環境整備は不要。最初から悪条件で鍛えるべし」ということではありません。適切に行われれば環境整備は真のリーダーシップ開発にプラスに働きます。例えばこれまで自分から動いたことなんてなかった人が「これってだらだらしてるよりずっと楽しいじゃん!」と気づいたりします。そこから少しずつ環境整備をゆるめたり負荷を上げたりすれば、真のリーダーシップが開発されます。また多くの人は単に悪条件に放り込まれて「成果を上げればリーダーシップが伸びるぞ」と言われても、「ムリムリ」とあきらめるだけ、あるいはむしろ「リーダーシップなんて疲れるだけ」とアレルギーを起こしてしまいます。
 
つまり、環境整備と、それを超える環境で動けるリーダーシップの開発をうまく組み合わせて行くことがリーダーシップ開発においては大事、ということですね。

自由研究の、本気テーマの見つけ方

自由研究シリーズ?その2です。前回、「本気で取り組みたくなるテーマの見つけ方」を指導する、と書きました。が、「そもそも自由研究なんてそんな高度なことに多くの生徒を本気で取り組ませることがことができるのか?」という声も聞こえてきそうです。
 
確かに、「めんどう」「かったるい」が口癖の生徒達を相手にした時、これはなかなか難しそうです。僕自身、この方法を試したことがあるのは立教生と淑徳与野中学の生徒たちだけなので、もっと広く行ってみると、違う難しさがありそうです。
 
ただ、少なくとも「テーマの見つけ方」について何も指導されていないのが現状ならば、そこからは前進できるのではないでしょうか。全てを解決できる必要はなく、まず現状よりも前進できればいい。
 
注目するポイントは「勉強苦手」「覚えるのも考えるのも苦手」と言っている子達でも、好きなプロスポーツの選手やゲームのキャラクターについては、驚くほどいろいろ知っていたり考えていたりしていることです。能力はちゃんとあって、スイッチの入る条件さえそろえばかなりやれるのではないか、と考えています。
 
そのスイッチが入る領域を僕らは今回「テーマ原石」と呼ぶことにしました。そして「テーマ原石」が埋もれている鉱山から、原石を掘り出します。その鉱山とは、生徒本人の、過去、現在、そして未来です。
 
「過去」の大きな体験(「インパクト体験」と呼んでいます)には、本気になれる疑問・問題意識や欲望が隠れている可能性があります。例えば「かわいがっていたペットが死んですごく悲しかった」経験があったとしたら「もっと長生きさせられなかったのか?」という問題意識や「どういうことが思い出を印象深くするんだろう?」と考えられるかもしれません。
「現在」で原石が見つかりそうなのは、好きだったり熱中していることや、気になることの中です。例えばクラス対抗の合唱コンクールにがんばっている生徒は「どうしたらクラスが団結できるだろう?」と頭を悩ませているはず。あるいはバスケに熱中していて「もっとジャンプ力をつけたい!」と思っているかもしれません。そしてこれらがテーマ原石になり得ます。
一方、好きではないけれども気になっていることもテーマ原石になり得ます。例えば健康にまずいレベルの肥満だとしょっちゅう言っているのによく飲み食いしているお父さん、いったいどうしてなのか、それをどうしたら変えられるのか?とか。
 
「未来」のテーマ原石と言えば、夢や、なりたい職業です。ただし「医者になりたい」「どうしたらなれるんだろう?」では、あまり考えるところのない、調べるだけの研究になってしまう恐れがあります。それを「研究」にする方法については、また改めて書きたいと思います。
 
こんな感じで「過去・現在・未来」から探ってみると、特に中学1年生では、たくさんテーマ原石が出て来ました。そういうテーマ原石からもっとも研究に適したものを選んで「成功体験」につなげられれば、2年生以降はまたおもしろく取り組め、高いレベルに到達できるのでは、と考えているところです。

自由研究は宝の山?

【自由研究は宝の山?】
 
自由研究というと、夏休みの宿題で一番めんどうなやつとか、よくわからないやつ、という印象があるかもしれません。結局、時間切れで適当なものにしてしまって「とりあえずやっつけた」という経験をお持ちの方も多いと思います。僕自身、息子たちの自由研究を見ていて、そうなりやすいことはよく分かります。
 
しかし、埼玉県の淑徳与野中学・高等学校という中高一貫校のお手伝いをさせていただく中で、今年はこの自由研究(創作研究と呼んでいます)を中学校の重点テーマに設定しています。しかもこちらでは夏休みだけでなく、1年近くかけて取り組みます。それは創作研究・自由研究は実は宝の山であり、まさに今、我々が欲しいものが含まれている、と先生方と考えたからでした。
 
創作研究・自由研究が宝の山だと考えるのは次の3つの理由からです。
・「考える」機会になる
・学ぶことの価値を感じる機会になる
・生徒たちが自分の興味・関心領域を探る機会になる
一言で言うと、生徒達の中に「学ぶエンジン」を作っていると言えるかも知れません。
 
しかし、自由研究というのは一般的にもこういうことを目指しているはずで、それが起きていないとしたら理由があるはずです。その理由をクリアしない限り、こちらでも同じことになってしまいます。ということで確認した理由は次のようなものでした。
 
まず、本気で取り組みたくなるテーマの見つけ方が教えられていないことです。小学校の自由研究においても、テーマ例は紹介されていても「自分にとって気合いの入るテーマの見つけ方」は教えられていません。
2つ目は、本気で取り組みたくなるテーマは対象外とされてきたこと。例えば女子中学生だと「ジャニーズの○○」とかアニメ、ディズニーランドには高い関心がありますが、これらはテーマの対象外とされがちで、結果としてさほど関心はないが手頃だと思われるテーマでお茶を濁しがちです。
 
そして3つ目は「『調べ』で終わってもやむなしとされてきた」ことです。例えば「印刷の歴史について」本をいくつか読み、それをまとめて終わり、というようになりがちです。それはそれで価値はありますが、「考える力」を高めることにおいては限定的です。
 
そこでこれらをクリアするため今回は、
・本気で取り組みたくなるテーマの見つけ方を指導する
・研究になりうるなら基本なんでもOK
・調べで終わらないテーマの切り出し方を指導する
ことにしました。
 
これらの結果、なかなかおもしろそうな研究が行われつつあります。また先生方の指導方針検討会議も、とてもおもしろいものになっています。では、上記を具体的にどのようにやっているのかは、長くなってきたのでまた改めて書きたいと思います。

楽しく成長できるための3つのポイント

大学は春学期の終わりを迎えています。先日は2年生のプロジェクト型クラス(BL2)の最後に、次のようなことを話しました。これは最近、成果を上げるため、成長するため、そして楽しくやれるために大事だと考えているポイントです。
 
1.やりたいこと(自分のスイッチ)を見つける
今回のプロジェクトを見ていても「これをやりたい!」が見つかった人は、しんどくてもやり続けることができていた。一生やりたいことだと確信が持てなくて構わないから、自分のスイッチが入るポイントを見つけてそれに取り組んで行こう。すると頑張れるし、楽しくやれる。
僕自身も「ITかな?」「マーケかな?」とかやってきて、それそのものがやりたいものではないことが後で分かったけど、その時は思いきりやれて、かつやってきたことの後ろにあった「まだ実現していない価値のあることを実現する」という本当にやりたいことに、やがて気がつけた。
 
2.自分の強みを見つける
1分間スピーチの中で、みんなの多くが「ここを克服・強化する」と言っていた。それは大事。でも、その時に、自分の強みを見つけることを忘れないように。リーダーシップは強みでこそ発揮されるから。またみんなそれぞれの強みを持っているから。ただ、気がついていない部分も多い。それをしっかり見つけよう。そして強みを活かすために、課題を克服していこう。
 
3.他人の強みを見つける
さっき「人を巻き込むのは難しい」という話がでていたけれども、その一つの方法がこれ。人の強みを見つけて、その人に頼る笑。やりたいことを見つけて、自分はこういう強みを発揮するけど、それだけじゃ足りないから強い人に手伝ってもらう。そのために周りの人の強みをつかむと良いよ。
 
あと2年半、いろいろな機会を見つけて上の3つに取り組んで行ったら、仕事を始めてからも、楽しく、かつ価値のある仕事をやれるようになるよ。

しょぼい提案に負けてしまうわけ

学期末なこともあってか、BLPだけでなくあちこちでビジネスコンテスト方式の授業が行われていて「勝った」「負けた」という話を聞きます。そんな中、「なんでうちの班は損益計算もビジネスモデルもきっちり作ったのに、そういうことを全然やれていないしょぼい提案に負けたんだろう?」という声を時々耳にします。

それにはいろいろな理由が考えられますが、その中で一番大事なことを今回は書いておきたいと思います。実はこれは学生達だけでなくビジネス界においてもよく起きている問題だと思います。

それは、「本当にお客さんのこと分かっている?」ということです。

当たり前過ぎますね^^;。でも、失敗しやすいところです。

例えば、「母親のような人達」を対象にプランを考えたチームがありました。旅と料理教室と食べることを組み合わせたなかなかおもしろいプランだったのですが、ちょっと気になってそのチームに聞いてみました。「お母さんに、そのプランに参加したいと思うか聞いてみた?」

「いえ、まだ聞いてません」という返事が返ってきました。旅も料理教室も一つずつは好きでも同時にやりたくはないかも、と思ったから聞いたのですが、実際はどうかとともに「知ろうとしているか」どうかが大事です。

「顧客ニーズ調査やってます。こんなデータがありました」「自分たちでもアンケートを取りました」という場合も、集計されたものは要注意です。確かにそれはある条件での事実なのでしょう。例えば聴覚障害者が車の近づく音が聞こえないために事故にあっているのも事実でしょうし、赤ちゃんがなぜ泣いているのか分からなくて困った経験は親なら誰しも持っているでしょう(どちらも学生の提案で見かけたものです)。しかし、それと「そのニーズが大きいか」はまた別問題です。

実際「それホントよくある!」「そこが解消したらうれしいんだけどねえ」というところは、意外と集計データには出て来ていないように思います。また経験したことのない人達はその内容を知りません。

例えば多くの聴覚障害者(特に加齢によるものの初期)は音が全般的に聞こえないとか小さくて困っているのではなく、言葉が不明瞭に聞こえたりかさこそするような子音的な音が聞こえないので困っています。ですので車のクラクションは聞こえる人が多かったり、まあ道の端を歩いてあとは飛び出さないようにすればよいので、車との交通事故はそれほど普段気にしていないでしょう。

あるいは乳児の世話で大変な部分も、確かに初期の頃は「なぜ泣くのか分からない」こともありますし、特に痛みや病気じゃないかというのはとても心配します。でも普段大変なのは「抱っこからおろすと泣いてしまう」とか「やっと寝かせたと忍び足で行こうとした瞬間に起きてしまう」方じゃないかと、少なくとも自分の経験からは思います(他にも甲乙付けがたいのがいろいろありますが、泣いてしまう編で言うと)。

この、「当事者が本当に感じているニーズ」に迫ることができていなければ、どんなに損益計算ができていても、ビジネスモデルが秀逸でも意味を持ちません。逆にこのニーズががっちりつかめていると、その後がしょぼくても抗いがたい魅力を感じます。

そこでやはり、本当のニーズに迫る行動が大切で、学生時代からそういう姿勢を身につけて欲しいと思っています(経営学の概念を学ぶこと以上に)。これがまた一筋縄ではいかない、たとえば顧客に聞いてもよく分からないことが多いのですが、その話はまたの機会に。

聞き手の頭に動画が浮かぶくらい具体的にしよう

「聞き手の頭に動画が浮かぶくらい具体的にしよう」

 

今日は1年生のプロジェクト型クラスでも振り返りをやっていました。まずはそれぞれのチームのビジネスプランに対してもフィードバックをした際、全ての班に共通して言ったのが、冒頭のことです。

 

実はこれは2年生のPBLクラスでも、論理思考選択クラスでも、企業研修でも共通して最近しつこく言っていることです。特に論理思考については抽象的なことを考えるものだと誤解している人もけっこういますが、最後は具体的にしないと何も動きません。それは論理思考が最後は立たないという意味ではなく、具体策を目的に合ったものにするために論理思考を使います。

 

だから今日は例えば「恋愛に消極的な人たちを積極的にしたりコミュニケーション能力を高めるソフトを作ろう」と提案したチームには「例えばどうやってその人達を変えるのかまで具体的に示す必要があった」とフィードバックしました。

 

同じように「もっと具体的に」というフィードバックを、論理思考選択クラスの個人プロジェクトで「留学生と日本人学生たちが親しくなるためのパーティをやる」と企画している人達にもしています。ただパーティをやっても、気がついてみると留学生は留学生同士、日本人学生は日本人学生同士で話していたりします。そして次回からは人が来なくなります。それを変えるどういう具体的な策を打つのか、それこそが考えるべきことです。

 

この点で、先日論理思考選択クラスで行われた「料理対決」懇親会企画はこの点で優れた企画でした。料理という共同作業を課すことで内向的な人も関わるきっかけが得られます。しかも審査基準が「話題性」だったことで、おもしろがりながらアイディアを出し、お互いを知ることができただろうと思います。

 

では、どうしたら具体的なアイディアをいろいろ思いつけるようになるのか? それは長くなるのでまたの機会にしたいと思いますが、僕がよくやっていることを一つだけ上げると、「似たもの探しと転用」です。例えば先の「恋愛に消極的な人を変えるための方法」を探すなら、
  1. 何かに消極的であった人が積極的になった例を探して
  2. なぜ変化したのかを探り
  3. 恋愛に転用する

ことにトライします。いまや400人以上の高校生が参加するようになった「学んだばかり論理思考を大学生が高校生に教える」というアイディアもそうやって生まれました。

あと、どこまで具体的に考えれば良いかというと、プレゼンなら聞き手の頭に動画が浮かぶくらい。でも、なんでもそこまでやるのは難しいので「ここがポイント」というところについて具体的に考えます。