楽しく成長できるための3つのポイント

大学は春学期の終わりを迎えています。先日は2年生のプロジェクト型クラス(BL2)の最後に、次のようなことを話しました。これは最近、成果を上げるため、成長するため、そして楽しくやれるために大事だと考えているポイントです。
 
1.やりたいこと(自分のスイッチ)を見つける
今回のプロジェクトを見ていても「これをやりたい!」が見つかった人は、しんどくてもやり続けることができていた。一生やりたいことだと確信が持てなくて構わないから、自分のスイッチが入るポイントを見つけてそれに取り組んで行こう。すると頑張れるし、楽しくやれる。
僕自身も「ITかな?」「マーケかな?」とかやってきて、それそのものがやりたいものではないことが後で分かったけど、その時は思いきりやれて、かつやってきたことの後ろにあった「まだ実現していない価値のあることを実現する」という本当にやりたいことに、やがて気がつけた。
 
2.自分の強みを見つける
1分間スピーチの中で、みんなの多くが「ここを克服・強化する」と言っていた。それは大事。でも、その時に、自分の強みを見つけることを忘れないように。リーダーシップは強みでこそ発揮されるから。またみんなそれぞれの強みを持っているから。ただ、気がついていない部分も多い。それをしっかり見つけよう。そして強みを活かすために、課題を克服していこう。
 
3.他人の強みを見つける
さっき「人を巻き込むのは難しい」という話がでていたけれども、その一つの方法がこれ。人の強みを見つけて、その人に頼る笑。やりたいことを見つけて、自分はこういう強みを発揮するけど、それだけじゃ足りないから強い人に手伝ってもらう。そのために周りの人の強みをつかむと良いよ。
 
あと2年半、いろいろな機会を見つけて上の3つに取り組んで行ったら、仕事を始めてからも、楽しく、かつ価値のある仕事をやれるようになるよ。

しょぼい提案に負けてしまうわけ

学期末なこともあってか、BLPだけでなくあちこちでビジネスコンテスト方式の授業が行われていて「勝った」「負けた」という話を聞きます。そんな中、「なんでうちの班は損益計算もビジネスモデルもきっちり作ったのに、そういうことを全然やれていないしょぼい提案に負けたんだろう?」という声を時々耳にします。

それにはいろいろな理由が考えられますが、その中で一番大事なことを今回は書いておきたいと思います。実はこれは学生達だけでなくビジネス界においてもよく起きている問題だと思います。

それは、「本当にお客さんのこと分かっている?」ということです。

当たり前過ぎますね^^;。でも、失敗しやすいところです。

例えば、「母親のような人達」を対象にプランを考えたチームがありました。旅と料理教室と食べることを組み合わせたなかなかおもしろいプランだったのですが、ちょっと気になってそのチームに聞いてみました。「お母さんに、そのプランに参加したいと思うか聞いてみた?」

「いえ、まだ聞いてません」という返事が返ってきました。旅も料理教室も一つずつは好きでも同時にやりたくはないかも、と思ったから聞いたのですが、実際はどうかとともに「知ろうとしているか」どうかが大事です。

「顧客ニーズ調査やってます。こんなデータがありました」「自分たちでもアンケートを取りました」という場合も、集計されたものは要注意です。確かにそれはある条件での事実なのでしょう。例えば聴覚障害者が車の近づく音が聞こえないために事故にあっているのも事実でしょうし、赤ちゃんがなぜ泣いているのか分からなくて困った経験は親なら誰しも持っているでしょう(どちらも学生の提案で見かけたものです)。しかし、それと「そのニーズが大きいか」はまた別問題です。

実際「それホントよくある!」「そこが解消したらうれしいんだけどねえ」というところは、意外と集計データには出て来ていないように思います。また経験したことのない人達はその内容を知りません。

例えば多くの聴覚障害者(特に加齢によるものの初期)は音が全般的に聞こえないとか小さくて困っているのではなく、言葉が不明瞭に聞こえたりかさこそするような子音的な音が聞こえないので困っています。ですので車のクラクションは聞こえる人が多かったり、まあ道の端を歩いてあとは飛び出さないようにすればよいので、車との交通事故はそれほど普段気にしていないでしょう。

あるいは乳児の世話で大変な部分も、確かに初期の頃は「なぜ泣くのか分からない」こともありますし、特に痛みや病気じゃないかというのはとても心配します。でも普段大変なのは「抱っこからおろすと泣いてしまう」とか「やっと寝かせたと忍び足で行こうとした瞬間に起きてしまう」方じゃないかと、少なくとも自分の経験からは思います(他にも甲乙付けがたいのがいろいろありますが、泣いてしまう編で言うと)。

この、「当事者が本当に感じているニーズ」に迫ることができていなければ、どんなに損益計算ができていても、ビジネスモデルが秀逸でも意味を持ちません。逆にこのニーズががっちりつかめていると、その後がしょぼくても抗いがたい魅力を感じます。

そこでやはり、本当のニーズに迫る行動が大切で、学生時代からそういう姿勢を身につけて欲しいと思っています(経営学の概念を学ぶこと以上に)。これがまた一筋縄ではいかない、たとえば顧客に聞いてもよく分からないことが多いのですが、その話はまたの機会に。

聞き手の頭に動画が浮かぶくらい具体的にしよう

「聞き手の頭に動画が浮かぶくらい具体的にしよう」

 

今日は1年生のプロジェクト型クラスでも振り返りをやっていました。まずはそれぞれのチームのビジネスプランに対してもフィードバックをした際、全ての班に共通して言ったのが、冒頭のことです。

 

実はこれは2年生のPBLクラスでも、論理思考選択クラスでも、企業研修でも共通して最近しつこく言っていることです。特に論理思考については抽象的なことを考えるものだと誤解している人もけっこういますが、最後は具体的にしないと何も動きません。それは論理思考が最後は立たないという意味ではなく、具体策を目的に合ったものにするために論理思考を使います。

 

だから今日は例えば「恋愛に消極的な人たちを積極的にしたりコミュニケーション能力を高めるソフトを作ろう」と提案したチームには「例えばどうやってその人達を変えるのかまで具体的に示す必要があった」とフィードバックしました。

 

同じように「もっと具体的に」というフィードバックを、論理思考選択クラスの個人プロジェクトで「留学生と日本人学生たちが親しくなるためのパーティをやる」と企画している人達にもしています。ただパーティをやっても、気がついてみると留学生は留学生同士、日本人学生は日本人学生同士で話していたりします。そして次回からは人が来なくなります。それを変えるどういう具体的な策を打つのか、それこそが考えるべきことです。

 

この点で、先日論理思考選択クラスで行われた「料理対決」懇親会企画はこの点で優れた企画でした。料理という共同作業を課すことで内向的な人も関わるきっかけが得られます。しかも審査基準が「話題性」だったことで、おもしろがりながらアイディアを出し、お互いを知ることができただろうと思います。

 

では、どうしたら具体的なアイディアをいろいろ思いつけるようになるのか? それは長くなるのでまたの機会にしたいと思いますが、僕がよくやっていることを一つだけ上げると、「似たもの探しと転用」です。例えば先の「恋愛に消極的な人を変えるための方法」を探すなら、
  1. 何かに消極的であった人が積極的になった例を探して
  2. なぜ変化したのかを探り
  3. 恋愛に転用する

ことにトライします。いまや400人以上の高校生が参加するようになった「学んだばかり論理思考を大学生が高校生に教える」というアイディアもそうやって生まれました。

あと、どこまで具体的に考えれば良いかというと、プレゼンなら聞き手の頭に動画が浮かぶくらい。でも、なんでもそこまでやるのは難しいので「ここがポイント」というところについて具体的に考えます。

17BL1始動 今年は「鬼に金棒」!

ちょっと久し振りの投稿です。いろいろおもしろいことは起きているのですが、忙しくて睡眠時間を優先している感じです。でも、少しずつ。
 
まずは、秋学期のBL1(論理思考とリーダーシップ)に向けたSACA(学生スタッフ)顔合わせから。
今年は科目全体についての仕事をする「仕掛け屋」を数人採用しました。クラスの担当SA&先生方と連携してどんなハーモニーを奏でられるか楽しみです。
 
各クラス担当のSAはいつも通り2人ペア。だいたいが「動と静」の組みあわせになっていて、かつ先生との化学反応も考慮して組み合わせています。これはいろいろなリーダーシップがあることを受講生に目の当たりにしてもらおうという狙い。こちらもどうなるか楽しみです。
 
そして、今年のテーマは「鬼に金棒(仮)」。「鬼」とは人の進化形でリーダーシップを持った状態です。金棒は、もちろん論理思考。学期が終わった時、受講生を、金棒を持った鬼として送り出せるようにしよう!と話しています。
 
なお、「鬼」の割にはみんなにこやか涼しげな顔をしていますが、これは最近の鬼の傾向らしいです笑。心は熱く、でも軽やかに、にこやかに、世界を一歩ずつ変えていく、と。^^

BL2本選終了

春学期も終盤を迎えて、まずは2年生のプロジェクト型クラスが決勝を終えました。60チームの中から5チームが選ばれます。
うちのクラスは今回1チームが選ばれ、学生が選ぶNo.1に輝きました。とりわけ僕らはちょこっちょこっとしたヒントしか出していないのに彼らが自分たちの力でそこにたどりついたことが良かったと思っています。人は「自分で獲得して成功した学び」こそ自分のものにできる、と思うからです。
そしてもう一つ、彼らがクライアント賞や教員賞を受賞できなかったところからも学んでくれればさらに素晴らしい、と思っています。成功体験と並んで人が学ぶのは、「悔しい失敗体験」からだと思うからです(「悔しい」ことは不可欠)。
一方、他のチームの中からも準決勝まで進んだり業界賞を受賞したチームもあったのですが、僕としては何も受賞しなかった残りのチームも良かったなと思っています。ある班は途中で何度も途方に暮れ、そのたびに立ち上がって来ていました。とても良い着眼点を持っていた別のチームは、その視点の活用が非常に難しいにもかかわらず最後までその路線で考え続けていました。このようにこだわってみるのも良いと思います。チームとしての動き方をとても工夫していたチームもありました。クラス全体の盛り上げのために動いてくれた学生たちもいました。
じゃあ、僕ら教える側が何をうまく出来たかと振り返ってみるとおそらく二つ。一つは「それやれたらいいなあ」と思えるビジョンというか未来を示すことができていたんじゃないか。特にSACAたちが「自分は去年こんな感じで、後でこうなった」という成功体験、後悔体験を語ってくれたことは大きかったんじゃないかと思っています。
もう一つは「踏み台の置き方がちょうどよかった」んじゃないかということ。アイスブレークや懇親会を「やらない?」と声かけはしつつ中身は受講生に考えてもらったり、「答え」は教えず質問をしていたり。「後で一つだけアドバイスするから、まずは自分たちの中でのフィードバックを整理しよう」とやったのも、その一つでした。

アドバイスは1つだけ

今日は2年生のプロジェクト型クラスが予選前リハ、1年生は予選1でした。最初はどうなることかと思った班もそれぞれがんばっています。特に2年生はさすがという感じで、別に教えたわけではないこともいろいろ駆使しています。そんなのを見ているうちに、普通にフィードバックするのが惜しくなってきました(2年生の話)。
僕の場合、通常だと「ここをもっと詰めた方がいい」と、こちらが大事だと思うことをだいたい3点指摘します。でも、ここまで来たら学生達どうしで「あと、何が必要なのか?」を考えてもらいたいなあと思いました。それでこそ自分で考える力がつくのではと。とは言いながらビジネスコンテストでもありますから、勝負がかかっています。彼らも勝つためのアドバイスは欲しいでしょう。
そこで考えて「アドバイスは1つだけ」することにしました。
まず今日のクラスではお互いにフィードバックし合ってもらいました。1班に対して2つの班から行きます。ちなみにクラス内は予選で直接対決しないので助け合う精神があります。そして、フィードバックされたものを各班で整理し方針を考え終わったら、僕に連絡をもらうようにしました。そうしたら、僕は1つだけアドバイスをします。自分たちで詰め切れていれば、僕のアドバイスがジグソーパズルの最後のピースになるだろう、というわけです。
人は結局、自分で獲得したものしか身につかない、と思っています。彼らにぜひ自分で獲得して欲しいですし、獲得する力を着けて欲しいと思っています。

インパクト体験棚卸しー世界観が変わる授業?

今週の論理思考(中級)クラスはインパクト体験棚卸でした。キャリアビジョンを考えるために、自分を作って来た体験を振り返るというもので、この回は、受講生の世界観を変えるんじゃないかと、けっこう本気で思っています。^^ 実は僕自身、このワークを4年くらい前に取り入れるようになってから、人についての捉え方が変わりました。

「そんなおおげさな」という感じですが、まずこのワークでみんなが驚くのは「みんな、いろいろなことを乗り越えてきているんだ、自分だけじゃないんだ」ということです。いろいろというのは例えばいじめにあったり、ぐれたり、先生にぼろぼろの扱いを受けたり、自分のミスで大事な試合に負けたり、キャプテン失格だと思ったり、大学に入ってもグループワークについて行けなかったり。

って、ネガティブなことばかりあげましたが、もちろんポジティブもいろいろ出て来ます。ただ、ネガティブがあるからこそ感情移入がぐぐっと起きているのだと思います。悩んできたのは自分だけじゃないんだとか、彼女/彼はこういうことを経たからこそ今強いんだなとか。

そしてもう一つ人によっては起きているんじゃないかと思うのは、「自分が過去に出会った横暴なキャプテンとかグループワークをサボっていたクラスメートとかも、もしかしたら同じようにもがいたり悩んだりしていたんじゃないか?」と考え始めることです。もしそういう思考が始まったら、人についての捉え方が変わってくるように思っています。

人についてだけじゃなく自分についての捉え方も変わって来ます。このワークでは、上記のインパクト体験から相手の「強み」を見つけることをやります。何かで優勝したとか成功したといったポジティブな体験から強みが見えるのはもちろんですが、本人がネガティブ体験だと思っているものからもいろいろ見えて来ます。

例えば「大学に入ったら遊びほうけていた」ことを本人はネガティブ体験だと思っていたのだけどグループの人から「遊びに打ち込んでいるじゃん。打ち込む対象が変わっただけだよね」と言われてはっとした、という人がいます。あるいは受験で失敗したことについて「支えてくれた親や先生に申し訳なかった」と書いているのを見て「普通人のことまで考えられないよ?」と言われた人もいました。また、病気やいじめ、家庭内の不和から「その境遇の人の気持ちが分かる」「忍耐強い」といった強みを獲得してきた人達もいます。

こうして自分の強みがいろいろ見えて来ることで、自己肯定感が上がって行きます。また「全ての体験には意味がある」と思えてきます。もしかするといろいろなことに対する取り組み方も少し変わってくるかもしれません。そして、このような自分では気がつきにくい強みをお互いに探し合うことで、仲間意識やお互いに対するリスペクトも高まっているんじゃないかな、と思っています。

もちろん、このレベルのワークになるためには、関係構築と考える力を高めておくことが必要です。この授業でもかなりいろいろな工夫を少しずつ組み込んできましたが、その話はまたの機会に。

説得には1000のデータよりも1つの事例?

今日の論理思考中級クラスのテーマは「説得」。
説得のために大事なことというと、みなさん何を思い浮かべるでしょう?
がっちりしたロジックの組み立て? 大量のデータによる裏付け?
これらが有効なことはもちろん多々あります。でも、日常的な説得において、実はとても強力なのが、
   「たとえば」。それも事例によるもの。
特に、頭の中で動画が流れるくらい情景を描いたものは強力です。
たとえばある学生は「コンタクトレンズの使用法を守ろう!」とクラスメートに呼びかける説得のため、自分が目を痛めてとても怖い思いをしたことを語りました。たった一人の例であっても、身近な人の例は説得力を持ちます。時に、お医者さんに言われるよりも。笑
またこれは、身近な人でなくとも機能することがしばしばあります。例えばプロジェクト型の授業をやっていると「うちのグループの○○君が全然働かない」!という話を学生たちから時々聞きます。それを放っておくとその人は「やる気のない人」認定されてしまうのですが、そこで次のような話をするとちょっと変わります。
「その人がやる気のない人とは限らないよ。例えば以前こんなケースがあった。ある人が、グループワークで発言もあまりしないし、やってくるようにみんなで決めたこともやらなかった。しかもその人はバイトを理由にグループワークをだんだん休むようになった。みんなはその人が「やる気のない人」じゃないかと思い始めた。ところがあるメンバーが、その人とじっくり話をしてどうして来ないのか、やらないのか聞き出したら、「やらない」んじゃなくて「やれない」ということが分かってきた。
その人は論理思考にものすごく苦手意識があったので発言できなかったんだ。やってくると決めたことも、どうしたらよいか分からなくて、とりあえず書いてみただけど他の人達のものを見て出すのをやめ、やってこなかったことしたんだそう。でも、そうするうちに自分にとってもチームにとっても意義が見つけられなくなりグループワークに行くのが苦痛になってしまった。それでバイトを理由にして休むようになった。
それから、その人も含めてみんなで、どうやったらいい状態で一緒にやれるか考えた。そしてその人は「分かりにくい時に『分からない』と言う役」を果たすことになった。ちょうど、高校生に教えるための内容を各班で作っていたので、初めて論理思考に接する高校生にも分かるようにすることは重要だった。そしてみんなにとっても、噛み砕くことで「本当に」分かる役に立った。
これも一つの事例に過ぎません。でもおそらく、僕を知らない受講生に話したとしても、「なるほど、自分たちもその人を理解するトライをしてみるべきかも」と思うのではないでしょうか。
たった一つの事例で説得されてしまうのは、ロジカルではないとも言えます。でも、人間のそういう傾向を押さえておくことはロジカルです。

「問題意識」の引き出し方

「問題意識を持て」
と言われて「難しいなあ」と困っている人がいたら、
「最近、いらっとしたことない?」
と聞いてみたら良いかもしれません。
 
ちょうど今、論理思考中級のクラスで「自分が問題意識を持っていることを取り上げて語る」という課題をやっています。そこで「難しいなあ」と頭を抱えていたグループに、同僚の舘野 泰一先生が投げかけた言葉がこれ。
 
さっそく次から次へと出て来て、楽しそうに?語り合っていたとか。笑
 
その後のクラスでも今度は全体で取り入れてやってみたところ、「ドタキャン! しかも仲のいいやつが行けなくなったからって理由のやつもいた」とか「まじめな人に仕事がどんどん降ってくること!」とか、どんどん出ていました。これらも十分、問題意識ですよね。
 
「ない」んじゃなくて「出て来ない」だけ、なのに「問題意識がない」とか決めつけないよう注意する必要がありますね。それと、「ちゃんと考えようとすると、かえって頭が止まることもある」ということにも。

BL0ポスターセッション

きのうはBL0(リーダーシップ入門)のポスターセッションでした。経営学部1年生430名全員が90班に分かれて、今年のクライアント(BEAMS様)から出された課題に対するプランをポスタープレゼンします。班の半分のメンバーがプレゼンする中、残りは他の班のプレゼンを見て回り、質問します。切磋琢磨してレベルアップして行くことを狙っているわけです。教員やBEAMSさんの社員の方々、さらには社会人を含む先輩達も見て回っているので、かなりすごい熱気でした。(先輩が加わったのは今年の新たな試みです)
この「舞台に上がる感じ」に受講生たちはみんな「緊張しました!」と言っているのですが、彼らのスイッチを入れる上では、やはり効いていそうです。かつ一度だけのプレゼンだと「緊張してできなかった」となることも多いですが、ポスターだと40分ほどの間に複数回プレゼンできるので、だんだん進歩して行きますね。
あと今年は、ポスター後の懇親会がパワーアップしていました(コースリーダーの舘野泰一さんのリードの元、SACAたちが設計したものと思います)。以前は立食形式で自由に動けるけれども知っている人同士で集まっていることが多い、お疲れさま会的な感じがメインでした。熱心な学生はクライアントのところに改めて話しに行っていましたがそれは少数派でした。
今年は例えばアイスブレークに工夫がされていました。例えば「立教と言えば?」「BEAMSらしさって?」といったお題で思いつくことを紙に書いて、それが似ている人を見つけて集まります。それからしばし雑談。違うクラスの人やBEAMSの人たち、教員と交流する機会になりますし、このお題自体で重要なことを考えたり話す機会にもなります。こんなことを繰り返し、2時間があっという間に過ぎていきました。